HOME > コンセプト > 快眠快寝波の概要

快眠快寝波の概要

地球本来の波動と同じシューマン波を取り入れた音で、快眠を得られる装置が『快眠快寝波』です。薬等により強制的に眠りに就かせるのではなく、自然な眠りで快眠を得られる装置です。

快眠快寝波が出力する波動

シューマン波である7.83Hzの振動は人間の耳には聞こえません。製品から聞こえる「トトト…」という音はシューマン波を含んだ音(人間の可聴範囲の音)になります。また50分かけてシューマン波(7.83Hz)からデルタ波(2Hz)へ波動が徐々に変化します。

人間は睡眠に入るとα波(アルファ波)~θ波(シータ波)~δ波(デルタ波)と脳波が変化し、この変化は約50分で行われると言われています。波動の変化はこの脳波の変化と同じ時間になるよう設定されており、自然な眠りに誘えるように工夫されています。

※人体に影響を及ぼすような低周波電磁波の心配はありません。

研究と実験を重ね、ご好評いただいた『快眠快寝波』をさらに進化させた新バージョンとして発売いたしました!


▲ページのトップへ

Copyright © 有限会社エース. All Right Reserved